- 注文焙煎 御堂珈琲店 (店舗名称変更=店舗名:岩田焙煎珈琲)

コスタリカ ビスタ・アル・バシェ・フィデル レッドハニー

コスタリカ グラニートスオルティス ナチュラル1800が本年収穫が停止しておりますので
同じ産地のビシャサルチ種となります。


ビスタ・アル・バジェの設立
ウエストバレー、ロウルデス・デ・ナランホに位置するヴィスタ・アル・バジェ マイクロミル。このマイクロミルが注目をされるのは、ミルが始動した初年度、そのバージンクロップが2013年のカップオブエクセレンスでの優勝を果たしたことです。農園自体は40年以上の歴史があり、昔は牛舎でチェリーを運び、地域のミルへ低価格でコーヒーを卸していた生産農家の1人です。2000年代のコスタリカ マイクロミル革命を目の当たりにし、品質に根差し、自らが自信を持って生産したコーヒーを届けたいと、当時マイクロミル設立の決意をしました。フィデル、サポテ、ラ・カサの3つの農園を所有し、三人の息子マルコ、フランク、ホルコと農園を切り盛りしています

品質向上に向けた投資
現在植えられているビジャサルチ品種のエリアは、もともとは牧草地でマイクロミル設立にあたって新植したエリアです。2013年のCOE1位獲得以降も、土壌分析や植物分析に基づいて、肥料や栽培方法の改善を徹底して行っているのが特徴です。

 ミルにおいても毎年少しずつ設備投資をしており、ミューシレージリムーバーなどの生産処理機器の増設も手伝って、以前の4倍の能力で生産処理ができるまでに成長しました。収穫後、より適切なタイミングで処理が行えるようになり、1つ1つの投資が品質向上にも寄与しています。一方で、乾燥工程において増産と共に用いていた機械乾燥も、今では輸出後の長期的な品質保持の観点から、スペシャルティは全て天日乾燥のみに切り替えたそうです。こうした品質第一の柔軟なマインドも彼らのこだわりを裏付けています。

品質への強いこだわり
また通常各マイクロミルでは、乾燥を終えたパーチメントコーヒーを輸出業者のドライミル(脱殻・選別などの精選所)へ運び込むのが普通ですが、ヴィスタ・アル・バジェでは、品質を徹底するために、ドライミルも作り、脱殻後は自ら最終選別を行うほど、スペシャルティコーヒーのマイクロロットの生産には拘っています。

 ミルの衛生面にも気を遣い、ストロベリーのような香りが漂うパティオ。発酵臭とは無縁の、いつ訪れても清潔に保たれたヴィスタ・アル・バジェ マイクロミルに多くのバイヤーが魅了されています。バージンクロップでの快挙に胡坐をかかずに、着実に品質向上に向き合うオルデマールさんの強いこだわりを感じ取って頂けたらと思います。

2021年収穫分コメント
複雑さ、奥行きのあるカップ
ラズベリーやプラムなど艶美なフレーバーが特徴的で、香り高いコーヒーに仕上がっているように思います。甘さもダークチョコレートのような風味があり、フレーバーや酸の質感との調和も良い印象を受けました。
 また、酸の質感において印象が良く、温度帯が高かった際にはサクランボのような酸の質でしたが、冷めるにつれて甘さの伴った印象や少し乳酸のような印象へと徐々に変化し、奥行きのある印象を受けました。
 昨年同様にポテンシャルが高く、エキゾチックなコーヒーに仕上がっておりますので、今年も是非お楽しみいただければ幸いです。

カッピングプロファイル
ラズベリー、プラム、ダークチェリー、コンプレックス、チョコレート、マリック&ラクティク、スムースマウスフィール、インプルーブ
※ビシャサルチらしい苺のような酸も健在です。ダークチョコレートのような苦みとすっきりとした後口、コスタリカらしいクリーンカップはなかなかよいとおもいます。

定価 1,700円
販売価格 1,700円
購入数

焙煎の種類・加工
豆の加工


Ranking

About the owner

岩田 由香

弊店はすべてお客様からご注文をお受けして、焙煎を始める「注文焙煎スタイルのスペシャルティコーヒー専門店」です。2017年6月より岩田焙煎珈琲から独立し、店舗名を変更し、スタートすることになりました。よろしくお願い申し上げます。

Top