- 注文焙煎 御堂珈琲店 (店舗名称変更=店舗名:岩田焙煎珈琲)

釧路湿原希少猛禽類保護支援 猛禽類医学研究所齊藤慶輔セレクトシングル マンデリン・トバコ Mandheling Tobako Lington

<ただいま完売のため再入荷まで今しばらくお待ちください。12月15日ごろの入荷予定です。>
ご予約受付中です。ご発送は12月15日以降となります。

インドネシア・リントン産のコクと飲み心地でファンの多いマンデリンです。カフェオレなどのミルクとの相性も良いコクのある味わいと香りが人気です。

マンデリントバコとは

インドネシアの島、スマトラ島で1000年前にトバ山の噴火がおきました。この噴火が産んだ肥沃な火山性土壌がコーヒー栽培に適しています。そこで生育されるのが、マンデリン・トバコ。

インドネシア産のアラビカ種コーヒーの名前には「マンデリン」が付きますが、そのインドネシア産のコーヒーのなかでも、特に厳選されたコーヒーが“トバコ”とされます。

スパイシーな苦味とともに、コクのあるほのかな甘味のよさが特徴です。

トバコは、前述したトバ山の噴火活動によって出来たトバ高原のカルデラ湖、トバ湖から命名されたマンデリンコーヒーなのです。研究者によると、この噴火は、トバ山の山頂の一部を吹き飛ばし、それが落ちることによって、噴火口を塞いだといわれるぐらいとても大きなものであったとざれます。その噴火口を塞いだ土石は、現在、サモシール島となっています。
美しいトバ湖

マンデリントバコの名前の由来になったトバ湖は、スマトラ島の赤道近く、標高905mに位置して、中央部にある琵琶湖ほどのサモシール島をいれると湖全体の表面積は琵琶湖の約3倍(1,740km2)になります。最も深い所は529m、透明度が10mをこえるという美しい湖です。

トバ湖に映えるダイナミックな夕焼けは、一度見たひとには生涯忘れられないほどの美しさといいます。その火山性の肥沃な土壌に根付いたマンデリン・コーヒーが今月のお勧めコーヒー。トバ湖の雄大な美しい夕焼けを想像しながら飲む珈琲の香りは格別のものと思います。

<店主のコメント>
マンデリンといえば苦味を代表する珈琲のイメージが、強いですが、 最高峰のマンデリンのひとつがこのトバコです。
私も大好きなマンデリンです。エスプレッソ、マキネッタなどの 濃厚なコクと絶妙な甘みと香り楽しみたい場合、まずはお試しいただきたいですね。のみ心地はミルクを入れるとチャイのようなまろやかさと軽さに驚きます

猛禽類保護支援 寄付金150円
型番 111
定価 1,278円
販売価格 1,278円
購入数

豆の焙煎
豆の加工


Ranking

About the owner

岩田 由香

弊店はすべてお客様からご注文をお受けして、焙煎を始める「注文焙煎スタイルのスペシャルティコーヒー専門店」です。2017年6月より岩田焙煎珈琲から独立し、店舗名を変更し、スタートすることになりました。よろしくお願い申し上げます。

Top