- 注文焙煎 御堂珈琲店 (店舗名称変更=店舗名:岩田焙煎珈琲)

グアテマラSHB ウエウエテナンゴ オハブランカ エスペランサ ラ・ヴェガ

ウエウエテナンゴの奥地オハ・ブランカの名農園
その年採れたグアテマラの最高のコーヒーを決める国際品評会「カップ・オブ・エクセレンス」にて、毎年のように優勝争いを演ずるのが、このエスペランサ農園です。
農園が位置するのは首都グアテマラシティから車で6時間。メキシコとの国境の近くに位置するウエウエテナンゴのオハ・ブランカ。周辺には、世界で有名なライバル農園「エルインヘルト」など数多くのスペシャルティコーヒーの生産者がおり、まさにグアテマラ・スペシャルティコーヒーの聖地のような場所です。その中でもエスペランサ農園のクオリティの高さは、世界中のコーヒーバイヤーを魅了しています。

エスペランサ農園の歴史
1956年に先代エレオドロ・ヴィジャトロ氏の手でエスペランサ農園が始まりました。当時は道も悪く、馬の背にコーヒー豆を積んで、ウエウエテナンゴ市まで何日も掛けて歩いて売りに行ったそうです。息子のアウレリオ氏は、メカニックとして働いた後に、経験を活かすべく、1986年に自身が生まれたエスペランサ農園に戻ってきました。今は息子のアウレリオ氏が中心になり、孫のジネルやクリスタベルも加わって、3世代にわたってコーヒー生産に取り組まれています。
60年前には、わずか1Haだった小さな農園も、献身的に農園管理をした事で少しずつ生産量を増やし、高品質なコーヒーを提供する姿勢とその卓越したクオリティをもって、現在では自然林と共に、ラ・ベガを含めて周辺にいくつかの農園区画を所有するまでになりました。


名農園と言われる所以
エスペランサ農園では洗浄後のパーチメントを乾燥させる前にもう一度「ピラ・デ・レモホ」と呼ばれるソーキングプールに24時間浸します。こうすることにより豆全体の水分バランスを整え、カップに非常に丸みを帯びた味を生み出すといいます。
ミルを囲む2つの山からの豊かな水資源、粘土質の土壌、豊富な雨量と山風など、豊かな自然の恩恵を受けながら、絶えず素晴らしいコーヒーが生産されています。


2019年コメント

グアテマラトップスペシャルティの定番
昨年も好評だったエスペランサ ラ・ベガですが、昨年多くの方にお使いいただき早々に欠品となってしまいましたので、今期は数量を増やして十分な買い付けをさせて頂きました。
品質も昨年同様にミックスジュースのような多様なフルーツのフレーバーを感じられ、熟度の高い風味としっかりとした飲みごたえを感じて頂けるかと思います。
全体を通して立体的に感じられるカップの変化あり、例年の期待を裏切らない質の高さを感じて頂けるかと思います。
今年も多くの方に試していただければ幸いです。

マンダリンオレンジ、フローラル、アプリコット、ブライト、マンゴー、スムースマウスフィール、ロングアフターテイスト、ウェルバランス

2020年コメント

今年も素晴らしい品質

甘さの質感・透明感が非常に心地よく、酸の質もジューシーに感じて頂けるように思います。また、アロマフレーバーも様々なフレーバーを感じ取る事ができ、葡萄やグレープフルーツ、メロンなど複雑で多層的な風味を感じます。冷めるにつれても質の向上があり、例年通り、ユニークな風味と、甘さの光る銘柄に仕上がっているかと思います。

通年取り扱えるように買い付けておりますので、是非多くの方に楽しんで頂きたい1つです。
販売価格 1,480円
焙煎の種類
珈琲豆の加工

SOLD OUT

Ranking

About the owner

岩田 由香

弊店はすべてお客様からご注文をお受けして、焙煎を始める「注文焙煎スタイルのスペシャルティコーヒー専門店」です。2017年6月より岩田焙煎珈琲から独立し、店舗名を変更し、スタートすることになりました。よろしくお願い申し上げます。

Top